スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツグミ 近づく「北帰航」

tumo0.jpg
この写真はツグミ。2羽が「どうしようか」と相談?

ツグミの話の前に少しだけモズの続き。夜明けとともに、モズの声。今朝はとくによく鳴いた。「チェッチェッチェッ、キキキキキキ」その後しばらくして、抑え気味の8ビートか16ビートの早さの「キキキキキキキ」という声。もしかして、つがいの会話か? それから、10時頃だろうか、偶然2羽が2月2日に巣作りしていた隣の生け垣に入ったのを目撃。だが、その後は入らず、放棄された巣をオスが気に入らなかったかもしれない?

ツグミに戻ろう。2週間前にクロガネモチなどの木の実を食べ尽くし、その後はもっぱら畑の耕起を待っている様子。 余り良いエサ場がないため、バトルはみられない。一定の距離は置くものの、少しずつ接近のきざし。この写真、一羽が飛び立つ前は5,6m離れた電線に止まっていた。 ぐっと春めいたこの頃、そろそろシベリアへ帰るタイミングを計り始める頃。 それにしても、今年はかつてないくらいツグミがやってきた。一説には、全国的大雪の中、雪の降らない地域に集中したともいわれている。実は、ヒヨドリなども非常に多い(後日紹介しよう)。
続きに、ツグミの写真。

続きを読む

スポンサーサイト

ツグミのバトル

tukenka00.jpg

2月2日 モズの巣作りを確認 1週間ほど前から、モズが庭に来るようになったそれもカップルで、いよいよ、巣作りの時期。どこに作るのかと思っていたら、今朝わかった。残念ながら隣のお宅の生け垣。その様子は後日報告する。

ツグミのバトルすぐ近くの水田の耕耘が始まった。見ていると、シラサギ、カラス、モズ、セキレイなどが、落ち穂、草の実、昆虫などを求めて集まる。その中に、ツグミも2羽。お互いを意識し、貴重なエサ場をめぐって、この場は譲れないとバトルが始まる。
1月には、クロガネモチの実があったが、近所の庭も含めてすべてを食べ尽くした。近くの里山にも実はハゼの実が少し残るのみ。エサ不足の今は畑や水田の耕耘が最もあてになる。それだけに、譲れないと必死だ。

続きにバトルの様子掲載

続きを読む

ツグミとシロハラ 庭の掃除屋

tugumisiro.jpg
上のシロハラは、落ち葉の下からなんと冬眠中のカエルをゲット。大物をくわえた様は、「どうだ」と言わんばかりに、威張ってちょっとこわそう。

年末から、クワッ、クワッ、クォッ、クオッという鳴き声が頻繁に聞こえていた。ツグミだ。はるばるシベリヤからやってきた渡り鳥。 上の写真は、ツグミの仲間のシロハラ、下がツグミ。いずれも、庭の枯れ葉の下に潜む昆虫などをごそごそと音をたてながらさがしている。時たま、この2羽が出くわすとバトルが始まる。シャモの喧嘩のようだが、それは一瞬のこと。すぐ、どちらかが、チチチチ、となきながら飛び去る。
「続き」に掲載している一連の写真は、1月10日前後に撮ったもの。このところ、ツグミの仲間の来訪はめっきり減った。エサはほぼ食べ尽くしたのだろう。

tugumi5.jpg

続きを読む

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。