スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅難のムクドリ  巣作りの季節

143muku0.jpg
春草の中で、エサを探すムクドリ。昼間は食事タイムで諍いはない。

朝夕は、ジャアー・ジャアー、ギャー・ギャー、うるさい鳴き声。
繁殖期は、特に激しい鳴き声(わめき声)。巣作りの時期だが、安全な巣が不足しているため、取り合いのバトル。

143muku1.jpg
住宅では、戸袋が快適なマイホーム。このお宅は、一人住まいで2階は全く使っておらず、毎年ムクドリが営巣。写真は2つがいが、確保して奪われないように番をしているのだ。

戸袋の右側のつがいは、「ここ大丈夫だよね」と、確認中。
左がメス(色が少し茶色)。
143muku2.jpg

近くの体育館も毎年、数カップルが営巣する。
耐震補強のために後から設置した筋交い、上下に穴が空いていて、下からムクドリが巣を作る。
143muku3.jpg

右側のムクドリは、枯れ草の巣材を咥えて、巣作り中だ。 左側のつがいも私たちも「そろそろ作らなくちゃ-」と。
143muku4.jpg
穴にもぐり込んで巣材を運び入れ、巣を整える。割と時間がかかる。

右側では、少し上にいたパートナーが降りてきて番をする。
143muku5.jpg
一方、左側のつがいには緊張が走る。
他のムクドリが、巣を奪いにきたのだ。

次の瞬間、奪われまいと攻撃に転ずる。激しくギャー・ギャー騒ぎ立てながら・・・。
143muku6.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ムクドリの知恵

13mukudsum000.jpg
隣近所のお宅では、毎年数つがいのムクドリが営巣する。
上は、戸袋。一人住まいで、昼間は留守のお宅。ムクドリにとって最高級住宅。
いつもこの巣をめぐって喧嘩がたえない。

今は、ヒナたちも巣立ち、親子で飛び周りエサ捕りの訓練期間だ。
子育て中の写真を紹介しよう。

ムクドリの餌運びで感心するのはミミズ。長いミミズを輪っかにして咥え、ちぎれを防いでいる。
13mukudsum0.jpg
去年は大きめのミミズを2重の輪っかにしていた。なかなかの知恵。
ムクドリの成鳥は草食(草の実、木の実等)であるが、タンパク質が必要なヒナには昆虫やミミズなどを与える。

13mukudsum1.jpg
まれに、サクラの実などを与えることもあるようだ。器用に2個同時に咥えている。

下のムクドリの巣は屋根がクロスしている場所の桁の上に造っている。ここも毎年のこと。
13mukudsum4.jpg
この親鳥は、カメラに気がついて、ヒナたちに警戒するよう「グワー、グワー」と鳴いているところだ。

13mukudsum3.jpg
ヒナに餌をあたえて、この巣から出るとき、フンを運び出しているところだ。

巣材のようなものを咥えている。時には巣を補強するようだ。
13mukudsum2.jpg

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。