スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トビたち

143tobi0.jpg
物部川下流の中洲に8羽のトビ。
何しているのだろうかと観ていると、上の写真にあるように1羽が大きな魚(ボラ)を食べている。

それを見て、おこぼれちょうだいと、たくさんのトビが集まっていたのだ。
143tobi1.jpg

あきらめて、1羽、2羽と順次去って行った。
143tobi2.jpg

そんな中、2羽が執拗に残り、欲しそうに見つめる。
143tobi3.jpg
食べているトビは2羽の視線を感じてか、羽根で獲物を隠すようにして食べ続ける。

うーん、もうがまんできーん。 2羽が飛びかかり、喧嘩が始まった。
143tobi4.jpg

ここは、逃げるしかない。 しばらくバトルはあったものの、2羽もあきらめてそれぞれ散っていった。
143tobi5.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

物部川・野鳥の饗宴(1) トビ

DSC_0045tt0.jpg
 今、物部川は渇水・高温で、毎日千匹単位のアユが弱ったり、死んで流されている。水温28度くらいで、食欲をなくし、免疫力低下とともに雑菌に冒される。 30°C 前後では高温にたえられず死ぬアユが激増する。 
 そのアユを狙って、20~30羽のトビや数百羽のサギたちが集まり、容易にごちそうにあずかる。今回はトビのアユ漁を紹介しよう。 上の写真はアユをゲットしたところだ。

下の写真は、探しているところ。 もっと上空で旋回しながら目星をつけ、降りてきたところだ。
DSC_0048tt1.jpg
それにしても、トビは背中や、横から見た紋様がきれいなのに驚き。

下の写真は、アユをつかもうと足を前に出して構えているところだ(トビの視線の先に白い腹のアユ)
DSC_0072tt2.jpg

無事、アユをゲットした瞬間だ。  たまに、タイミングがずれてつかみ損なうこともある(若鳥かも?)
DSC_0038tt3.jpg

近くの河原で、アユを食べる。
DSC_0143tt5.jpg

この時期は、まだファミリーで行動することもあるので、親がわかどりに捕り方を伝授しているのかな??
右のトビがアユをゲット。 河原に降りても仲良く並んでいた。ただし、エサを与えることはしない。
DSC_0168tt8.jpg

お腹が満ちたトビのランデブー。 上空高く飛び交う事も多い。時には、この写真のように、地面すれすれまで降りて、仲良く飛ぶ。大きい方がメス。 つがいで、生きられる喜びを謳歌しているように見える。
DSC_0030tt6.jpg

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。