スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イワツバメの巣づくり

16415iwatubame0.jpg
 物部川の大橋の一つに、イワツバメの集団営巣地がある。イワツバメの特徴は、腰の部分が白いこと、営巣を含めて集団で行動することである。もともと、山の岩場で営巣するツバメであることからタカなどの天敵に備えてのことだろう。
 イワツバメは、物部川及び用水路等で真冬でも羽化する水生昆虫をエサに、橋下の古巣をねぐらにして越冬している。今は、繁殖期に入り、古巣の補修と新規の巣作りに忙しい。

16415iwatubame1.jpg
水溜りの側に降りて、巣材のドロを採るところだ。 単独で行うことなく、みんなで降りる。天敵が来ても誰かが気が付くからだ。

16415iwatubame2-1.jpg

 ドロを口いっぱい咥えて、巣に向かう。

16415iwatubame3.jpg

下の巣は、新たに作っているもので、ドロを積み重ねて巣の外壁を作るが、濡れている部分がその日のものだ。
16415iwatubame4.jpg

外壁を作り終えたつがいは、内装(産座)用の枯れ草の採取。
16415iwatubame6.jpg

巣の中に持ち込んで、ベッドづくりに勤しむ。出入り口も狭めて、ほぼ完成に近く、これから産卵して、子育てが始まる。
16415iwatubame7.jpg
スポンサーサイト

ツバメの巣づくり

2015330tubame0.jpg
3月中旬、越冬ツバメの他、南の国からたくさんのツバメが戻ってきました。この電線には、100羽前後のツバメがとまっていました。
やがて、つがい別に分かれて巣を作ります。前年の巣を補修して使うものが多いのですが、新たに巣をつくるものもいます。下の写真のつがいは新たに作るもので、オスがさえずって、さあ頑張ろうと・・・。尻尾が2つに割れて長めなのが、巣作りに役に立つのです。
2015330tubame1.jpg

国道沿いの公衆トイレの入り口に巣を作ろうとしています。見張り役と泥で巣をつくる役割に分かれます。
2015330tubame2.jpg

足で壁をつかむのですが、写真のように尻尾も壁にくっつけて支えにしています。 バランスをとるためですが、羽根も時々使います(上写真)。

2015330tubame2-1.jpg

5日後の写真です。まだ、半分くらいの出来でしょうか? ここは、人の出入りが多く、晴れた日は特に多いため、ツバメも怖がって作業をしない時間帯が多いからです。(普通は1週間程度で完成)
2015330tubame3.jpg

下の写真は、前年の巣を補修中。間もなく完成です。
2015330tubame5.jpg
こうして、3月下旬から4月初旬に巣作りが終わり、やがて、卵を産み、子育てに入ります。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

冬ツバメ 物部川にて

15ftubame00.jpg
物部川では毎年、数百羽の越冬ツバメたちがエサ捕りにやってくる。この冬はあまり見かけなかったが、1月になって数を増してきた。大きい群れは百羽を超える。 川虫(水生昆虫)が大量に羽化しだしたからであろう。エサを求めて集まるのだ。
 上の写真は腹を見せて飛ぶツバメ。
 下の写真は前方の水面にエサを見つけたところだ。
15ftubame1.jpg

その虫をゲットした瞬間、羽根と尻尾でブレーキをかけて小さな虫を捕まえる。
実に目が良く、動体視力は並外れて高い。捕まえる術もすごい。
15ftubame2.jpg

物部川では、3種の「冬ツバメ」が見られる。
15ftubame0.jpg
上は普通のツバメ、顔が赤っぽく、背中から尻尾にかけて黒が基調。

下の写真はイワツバメ、、腰の辺りが白いのが特徴。
15ftubame3.jpg

もう一種はヒメアマツバメだ。写真の右側に大きめに写っているように、羽根が鎌形で少し長い。
ヒメアマツバメは少し上空でエサを捕るのが特徴。
15tubame4.jpg
厳しい冬を乗り切らねばならない越冬ツバメたちにとって、物部川の川虫たちは命を支えてくれる自然の恵みだ。

ツバメ 物部川にて

144tubamey0.jpg
4月10日頃、物部川にはたくさんのツバメ。水面近くで羽化するカゲロウなどの虫捕り。 いつもの何倍もいた。 上空には大型のアマツバメも。 どうやら、渡りの途中で立ち寄ったみたいだ。 

下の写真では、2羽が水面すれすれでエサ捕り。風の強い日だったので羽化した虫が水面を流されていたのかもしれない。

144tubamey01.jpg

虫を探しながら飛ぶツバメ。
144tubamey02.jpg

虫を見つけて尾羽を広げ急ブレーキ、身をよじり、口をあけて虫を捕る。
144tubamey1.jpg

口に白っぽい虫くわえている。多分カゲロウが羽化したもの。
144tubamey2.jpg

その下では、カイツブリ。この日は少し濁り気味で潜ってもエサがうまく捕れない。うらやましそうにツバメを見る。 
144tubamey3.jpg

上空を猛スピードで跳び回っていたアマツバメは2,3日後には見かけなくなった。繁殖地に分散したツバメも今は大幅に減り、巣作りに入った。つがいで見かけることが多くなった。 

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。