スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツクシガモ(2)

1538tkamo0.jpg
いつもは物部川河口の中洲で寝ているのだが、たまたま飛び立つところに行き会える。
 上のカモは成鳥、
 純白を基調に肩のオレンジと茶色の中間色、そして黒っぽい縁取りのバランスがとても美しい。

休憩やエサ捕りなど、いつも3羽で行動している。
1538tkamo1.jpg

下の写真で、2羽は去年の夏生まれの若鳥。肩の帯の色がまだかすれている。

1538tkamo2.jpg
若鳥たちが水面に着水したところだ。

1538tkamo3.jpg

鮮やかな白が基調なだけに、後ろ姿もなかなかのもの。
希少種のツクシガモは、桜の花の咲くころには子育てのために大陸に渡っていく。 来年も来て欲しいと思う。

1538tkamo4.jpg

ふと、手前の水辺を見るとアユのそ上。数千匹が帯をなして登っていく。 夏が楽しみだ。
1538ayunobo0.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ツクシガモ

20142tukusi.jpg
 ユーラシア大陸から越冬するためにやってくるカモの仲間で希少種。日本では九州が主な越冬地。高知では珍しいカモだが、近年時たま飛来するようになった。 去年は物部川で2羽目撃。今年は4羽目撃(11月には8羽いたそうだ)。
 物部川や近くの田んぼでエサを捕り、物部川か田圃の真ん中で眠る。飛び立つ姿が美しい存在感のあるカモ。写真上は物部川河口近くで、羽根を広げた姿は美しい。

20142tukusi2.jpg
右側の色の濃いのが親鳥メス、薄いのが若鳥だ。

20142tukusi3.jpg
湿地でエサを捕るのだが、ここでは水田のドロの中からエサを探している。

20142tukusi4.jpg
水田の真ん中で4羽が休憩中。

下は物部川の河口付近の中州で休憩中だ。水田と河口を行ったり来たりの越冬生活が続く。
20142tukusi1.jpg

下の写真はマガモ、最もポピュラ―なカモ。 カモの仲間の中でもツクシガモは色合い・紋様が目立つ存在だ。
2014tukusi5.jpg





テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。