スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズメ 群れて冬をすごす

142suzume0.jpg
この時期のスズメたちは営巣場である家や建物の近くにはほとんどいない。草の実、落ち穂などを求めて群れて行動しているのだ。 危険が迫ると、電線や木の枝にとまったり、ヨシ原に身を隠したりする。

142suzume00.jpg

エサ採りは、くさ原や田んぼの落ち穂。
今、高知は田起こしの時期。既に過半の田んぼは耕起された。
残っている耕起前の田んぼのエサ場にはたくさんのスズメ。

142suzume1.jpg
ひこばえの米はごちそう。みんなで食べると、あっという間になくなる。

犬を連れて散歩する人に気づき、あわてて逃げるスズメたち。この写真には約70羽写っている。全部で300羽程度はいたであろう。 
142suzume3.jpg

空に舞って逃げ去った。
142suzume4.jpg
こうして、大きな群れでエサを探しながら、タカや人からの危険を避けつつ、冬を過ごすのだ。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

スズメ 巣立ちの災難

sainann1.jpg
8月15日のできごと。私の西隣の家のさらに西側の家の屋根から、何かがぶら下がりもがいている。4月28日にスズメの巣騒動で紹介したお宅の屋根の瓦と板の隙間に巣を作っている幾つがいかの一つ。巣立とうとして、巣の材料が足に絡まってしまったのだ。このままだと、そのまま死ぬか、早朝カラスに襲われると思い、長い釣り竿に釣り針を付けて、巣材の草を絡めて、無事回収。足を痛めているが、結構元気だ。

続きに、その後の様子を掲載 親の情愛に感心

続きを読む

スズメ 猛暑の中で子育て??

suzumenatu00.jpg
7月24日
このスズメは5月に一度子育て。トイの内側から巣の材料が風になびいているところに巣がある。
トイの内側、瓦との間に巣。西隣の家の屋根。私の居間の籐いすから見える風景。直線距離にして7mくらい。

二度目の子育てをするのだろうか?  熱中症多発のこの猛暑の中。
このところ鳴き交わしつつ、時々2羽がトイの中に出入りする。雨水は反対側の出口に落ちる仕組みで、上にも本屋根があるので大雨でも巣が流される心配はないが、真夏の太陽と灼熱の暑さは・・・。

昨日から交尾を目撃。今日撮影に成功。子育て本当に大丈夫?

続きにスズメの交尾の写真

続きを読む

スズメ 悲しいできごと

sizuko.jpg
7月10日 仲良しの子スズメの兄弟に 緊張が走る
「スズメの家族」で紹介した三羽の子スズメはいつも一緒に行動し、まだ、親からエサをもらっている。身なりはすっかりスリムになり、もうすぐ成鳥だ。

今日の昼頃、スズメたちが、「チュチュチュチュチュチュチュ・・・」と警戒して激しく鳴きながら、何かを必死に見つめている。
また、ネコかと思っていた。ネコなら彼らの飛ぶ力からもう大丈夫な段階にきている。だが、それはネコではなかった。およそ1時間後、私も予想していなかったできごと、スズメの家族にとってはとても悲しい出来事がおきた。

「続き」に悲しい出来事

続きを読む

スズメの家族

hirune2.jpg
昼寝・熟睡中の子スズメ

7月1日 梅雨の晴れ間。モズが去ってから、庭にすみついたスズメの家族の1日を追ってみた。
早朝から、チュン、チェ・・・、と鳴く声。子どものころから日常的聞く声。でも、じっくり観察したことは無かった。午前中は食欲旺盛、スズメの子たちも親におねだり(「続きを読む」に写真あり)。
この写真は午後2時ごろ。気温も30度に達し、まだ、腹部に産毛をたっぷりまとった子たちは暑さにぐったり、風通しの良い涼しいクロガネモチの木の枝で、熟睡中だ。2,3時間はお昼寝タイム。

続きを読む

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。