スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇敢なオスに感動―モズの悲劇

猫を威嚇するオス
3月9日 今日もモズの夫婦は、時々鳴き交わしながら姿を見せる。でも産卵したかどうかはわからない。 
 去年の悲劇の話に戻ろう。3月4日夕刻、いつもにもまして激しいオスのけたたましい「テケテケテケ・・・・・」という威嚇音が聞こえてきた。窓からそっと覗くと、オスが木の枝に止まり、激しくしっぽを動かし、下を覗きこむ。そればかりか、「ヒュー、ヒュー」いや、「ホィ、ホィ」かな、ともかくそんな声を出しながら「俺を襲ってみろ」といわんばかりに、ネコの鼻先1mの距離にまで急接近する。するとネコが飛びかかろうと身構え、ネコパンチも浴びせる。 モズの接近は計算しつくされた上でのこと。決して捕まることはない。そんな攻防が日暮れまで実に2時間近く続いたのである。なぜ、こんなことが長時間続いたのか。それは、オスがメスと我が子を守ろうとする必死のたたかいであった。 (この続きは「続きを読む」をあけてください)

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

モズの悲しみ

死んだヒナをくわえて
 これは、去年の3月1日の出来事です。前回の追加文で書いた通り、その心配は的中しました。モズは、巣を清潔に保つのと、天敵にさとられないように、フンなど、くわえて巣から離れたところに運んで捨てる習性がある。しかし、このときは巣の中から出てきたメスがくわえていたモノは、フンではなく、どうやら、ヒナの亡骸のようだ。この後、どこかに葬って、また、巣にもどり残ったヒナの子育てに励む。エサが十分ではなかったのだろうか。
 ところが、この翌日、先に出した写真「モズの交尾」が同じ場所で撮れた。まるで、子を失った母親の心の傷を癒すような行動のように思われた。
さらに、この2日後、もっと深刻な悲劇がこの夫婦を襲った。 

続きを読む

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。