スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒヨドリ 花を食べる

hyofana0.jpg
庭の生け垣のサザンカの花を食べる様子。
クロガネモチの実、センリョウの実、そしてサザンカの花、庭の主な食料である。とくにピンクのサザンカの花が好みのようだ。このヒヨドリは、2羽で1日の半分以上、庭で滞在している。花は順次咲くので、食料に困らずしばらくはもちそう。

ところで、今朝は雪がうっすらと積もって、庭の初雪。太陽がのぼるとともに消えていく。そんな中で、前に紹介したジョロウグモ数匹が、年を越し昨日まで生きていた。しかし、今朝の氷点下の冷え込みで、とうとう全滅だ。

続きに、ヒヨドリが花を食べる様子を掲載。

続きを読む

スポンサーサイト

庭にやって来るヒヨドリたち

hiyosenryo1.jpg
1月10日 前回、クロガネモチの実を食べるヒヨドリを出したが、ヒヨドリのねらいはクロガネモチよりもセンリョウの実であったり、意外と好きなのは垣根のサザンカの花ビラである。
夜明けと共にやって来るのは、ピー、ピー、ピーと耳に差し込んで来るような鋭くうるさい鳴き声、これで先ず起こされる。次いで聞こえてくるのは、ツグミのクワッ、クワッっとくぐもった声でうるさくはない。そしてメジロの小声でキリキリキリ・・という鳴き声、これはむしろ耳に心地よい。冬の小鳥として、順次、紹介する。

今回はヒヨドリがセンリョウの実を食べる様子。「続き」に3枚。

続きを読む

ヒヨドリ

hiyokuro1.jpg

2011/1/7  冬の庭にやってくる鳥たちの中では、最も多いのがヒヨドリ、次いでメジロ、ウグイス、そしてツグミ。ねらいは木の実、草の実、そして虫。ヒヨドリは必ずとまるのが、このクロガネモチの木。たわわに実を付けた赤い実がねらい。夜明けと共に、2羽で必ずやって来る鳥がいて、ピー、ピーと甲高い声を発して、ひとしきり食事をする。 ここは私たちの木だといわんばかりの態度。 時々、他の鳥が来たときは、追っ払うことがある。クロガネモチの実は、えぐみ、苦みがあって、それほど好みの実ではないが、山に次第にうまいエサがなくなると、これもごちそう。

続きを読む

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。