スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴリ、ハヤ、エビ等 川魚たち

hayaayub.jpg
前の2匹がハヤ(オイカワ) 向こうにボウズハゼ

下の写真はゴリたち
gori1.jpg

続きに川エビ、ウグイ、モクズガニ等掲載

続きを読む

スポンサーサイト

アユとボウズハゼ  エサ場争い

ayubo2.jpg
中央で少し浮かんで泳いでいるのがアユ。石に付いて縞模様の川魚がボウズハゼ。手前と後方で泳いでいるのはハヤ。アユとボウズハゼの主食は石に付いたコケ。エサ場をめぐって時には争いになることもある。
 物部川で問題なのは、毎秒1~2トンしか水が流れない渇水期には、エサ場はわずかなものとなり、ボウズハゼが大挙してやってくるとアユはエサ不足に陥ることだ。渇水時の物部川のアユたちは、前回書いた、熱中症とエサ不足という二重苦に苦しめられる。水が無いことの問題、そして大石からなる川底が減り、砂利の多い川底が増えた今日、川のコケを生産する力も落ちている。三重苦に苦しむアユ。すべて人間の仕業(コンクリートで固められたダムと治水中心の護岸工事、産業中心の水利用)、その結果犠牲を強いられる川の生き物たち。
 もっと、生き物の視点から川を治める方法はあるはず。昔の利水と治水工法は川魚に優しく、それほど犠牲を強いることはなかった。大石・川石を使った自然工法だったからだ。

続き」に、アユとボウズハゼ、そしてボウズハゼのどん欲さを掲載

続きを読む

アユ 熱中症

ayun1.jpg
史上最高の猛暑。熱中症に倒れる人間。実は、アユも高温にはとても弱い川魚。水温が28℃を超え、29°、30℃になると、アユたちは食欲不振に陥り、体力が著しく弱る。雑菌にエラが冒され病死したり、高温だけでも死ぬものも出てくる。
写真の左の端のアユはエラが赤くなって雑菌に冒されている。他のアユも含め体色が黒ボケしてやせ気味で元気がない。
 30年あまりの年月にわたり物部川を見てきたが、このような事態に至ったのは、ごく近年のこと。この写真は2008年の9月初旬。平松にて。

続きに、対処するアユ、死ぬアユ、トビにアユを掲載。

続きを読む

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。