スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミサゴ アユ漁

mmisago0.jpg
ミサゴは、川や入り江などで魚を捕るタカの仲間。絶滅が心配される生き物種の一つ。
物部川の河口や下流ではよく見かける。 とくに、アユの産卵期には、必ずやっくる鳥。

この写真は大雨の前の17日に撮ったもの。3,4羽のミサゴが、前回(21日)に掲載した産卵中のアユを狙いに来た。
産卵中のアユは、とくにオスは夢中・必死なため、少々の犠牲をいとわないため、ミサゴにとっては楽に得られる獲物だ。

続きに、ミサゴがアユをゲットする様子を掲載。

続きを読む

スポンサーサイト

アユ産卵

sannayu000.jpg
11月17日 物部川の下流にてアユの産卵風景を撮る

この時期が産卵の最盛期。激しく水しぶきをあげて最後の命を燃やす。
20匹前後のオスが群れて待機する中に、成熟したメスがやってくると産卵が始まる。

sannayu2.jpg


続きに産卵風景のいろいろを掲載

続きを読む

カワセミ 物部川にて

kawasemi.jpg
物部川では、しばしばカワセミを見かける。晩秋のある日、テトラに腰をかけ橋の橋脚に背を預けて、しばらく待ってみた。30分ほどしてカワセミはやって来た。最初、川岸のヨシの枯れ枝にとまったが、ここからでは水面までは距離が離れすぎているため、様子見。
 
私は隠れることなく、じっと見守る。河川公園のすぐそばだけに、人慣れしており、丸見えの私を気にすることなく行動してくれた。

続きに、小魚をゲットするまでの過程を掲載

続きを読む

セキレイの喧嘩

sken0.jpg
11月4日 物部川沿いのグランドで、セキレイの激しいバトルを目撃。
くちばしで攻撃したり、写真のように足蹴りをしあったり、執拗に追い回したりと、結構長く争いが続いた。

下の写真のように広いグランドに3羽しかいないのになぜ?
まず、よく見かける小競り合い程度のエサ場を巡る争いではなさそう。
メスを奪い合うオス同士の争い?? 
それとも、3羽は親子で、遅く生まれた2、3番子の子別れの儀式??
人間は、複雑な原因、時には全く不条理で一方的な原因で喧嘩する。動物にはそれなりの理由があってのことだと思うが、確たることは分からない。

sken1.jpg
理由はよく分からないが、見応えのあるバトルであった。
続きに激しい争いを掲載。

続きを読む

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。