スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モズ ヒナ (兄弟、そして昼寝)  

12428mohina00.jpg
4月28日(金) ヒナたちは巣から出て5日目。すばらしい「いくめんパパ」に育てられて、すくすく成長している。ママはどこに行ったのか、このところほとんど見かけない。最初に巣を飛び出したやんちゃ兄弟と遠くにいったのかもしれない。 でも、庭には3羽の兄弟が残っている。

3羽が一緒にいることはめったにないことだ。なんか、相談しているような雰囲気。

12428mohina1.jpg
兄弟とはいえ、エサをもらうライバル。すぐに、1羽が離れた。
この木に残ったのは1羽。
12428mohina0.jpg
ずいぶんたくましくなってきた。お腹がすくと「キチ・キチ・キチ・・・」とか「キーキーキ・・・」とかいろんな鳴き声で、親に訴える。親が来ると、「キューキューキュー・・、ピヨピヨピヨ・・」と甘え声。 3羽が一斉に鳴くと実に賑やか。

エサをもらって、お腹がいっぱいになると、お昼寝タイム。だんだん目がトローンとなり、やがて、お昼寝。
こんな、丸見えの枝で昼寝することはめったに見られない。普通は、生け垣やキンモクセイの茂みの中。
12428mohina3.jpg
でも、実にまめなパパが見守っていてくれるので安心。パパは、大声で敵を威嚇したり、ボクたちに警戒しなさい、隠れなさいと言ってくれるだけでなく、ときには、優しくきれいな声でさえずり、子守歌を聴かせてくれる。ほんとは、母さんが恋しくて鳴いているかもしれないけど・・・。

4月30日 ヒナ5羽に いくめんパパ 奮闘中  
12mikumenn.jpg
エサを咥えたまま、器用にヒナを呼ぶいくめんパパ  お腹がはっている時はヒナたちも出てこないことがある
 
今朝、ヒナ5羽を確認。ヒナの数が増えているのは、どうやら最初の巣立ち(23日)の際に外に出たヒナが戻って来ている模様。ママは育児放棄したのだろうか? いっこうに姿を見せない。
パパがエサを咥えてくると、お腹がすいている時には、ヒナたちは我先にもらいに来る。けっこう飛べるようになってきたので、親につきまとう事も少なくない。 お腹がすくと大声で鳴き主張するが、大きめのエサをもらうと、おとなしくなるので、バランスがとれるのかもしれない。 いずれにしろ、ヒナたちが自立してエサがとれるようになるまでは、いくめんパパの奮闘は続く。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

モズ ヒナ

12mozuhi.jpg
4月26日 庭には、2羽のヒナがまだ滞在中。 気配りが細やかで、たくましいパパに守られて、いま、すくすく育っている。 北側のお宅の庭にはママに守られて兄弟もいる。先に成長しているので飛ぶ力も強い。
我が家の庭にいる兄弟も羽根をふるわせ、親に甘えるのだが、その時の羽ばたきは飛ぶための練習にもなっている。

12mohi2ha.jpg
3日前に巣から出たときは、羽根もしっぽも「ちんちくりん」であったが、しっぽもだいぶ伸びてきた。
ヒナたちはばらばらで行動していたが、時々、兄弟が一緒の時もある。早朝や夕方は、木から木へ飛び移り、飛び立つ練習ができるが、昼間はパパの命令で藪に隠れていることが多い。

12mozuhit0.jpg
パパ、お腹がすいたエサちょうだい。 黄色い口を大きく空けて、キューキューキュー・・・、と鳴くと、パパはすぐに持って来てくれる。

持って来てくれたのは、なんと、トカゲ。まるのまま。
12mozuhit1.jpg

 ちょっと、大きいな-。
12mozuhit2.jpg
  頭から丸呑みだ。
12mozuhit3.jpg

いっぱい食べて、羽根もしっぽも伸びて自由に飛べるようにならなくちゃー。
12mozuhit4.jpg
お腹がいっぱいになったヒナは、この後、キンモクセイの中に入ってお昼寝タイム。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

モズ 巣立ち

12mhina0.jpg
4月23日 ヒナ巣立ちの日
この日は、私は3泊4日の東京帰り。家に着いたのが、午後1時。
モズの夫婦は電線にとまって、家の庭に向かってけたたましい鳴き声「ティキ、ティキ、ティキ、・・・」。
巣立ちだ。 モズの子育ての中で、最大のイベント。

モズの親にとって巣立ちの日ほど大変な日はない。確認し、危険から守り、エサを与えなければならないからだ。ほぼ、終日、賑やかな鳴き声が響き渡る。

ヒナは写真のように、顔はモズらしくなっているが、羽根もしっぽも、まだ未発達で、ほとんど飛べない状態で巣を出る。中には、元気が良いのがいて、一気に外に飛び出すものもいるが、半分くらいは、庭に2,3日とどまる。今、2羽が庭にとどまり、1羽は北西の方向50mくらい離れたお宅の庭木にいる。3羽は確認できたが、それ以上は分からない。 

12mhina1.jpg
このヒナは、サザンカの生け垣の上をもたもたと移動中。
次の瞬間バランスを崩して、地面に落下。よくあることである。

12mhina2.jpg

親は気が気でなく、警戒音を発しつつ、探し回る。見つけてエサを与えなければ。
12moyah.jpg

エサは、暖かいこの頃、庭でも調達できるので苦労はない。 
12moyah1.jpg
オス親の見つめる先にはヒナ。「キ・キ・キ・・・」と確認。
ヒナも「キューキューキュー・・・」と小羽根をふるわせ甘えた声。
12mkyuuji0.jpg
そっと優しくエサを与える。 このヒナには常にオス親が来る。役割分担をしているのだろうか。
ヒナは口を大きくあけてエサをもらう。
12mkyuuji1.jpg

食べ終えると、ヒナは反対側を向く。糞をするためだ。すかさず親は糞を咥えた。
12mkyuuji2.jpg
飛び立つ親の口先には糞。葉っぱの間で見にくいが、咥えて他所に捨てに行く。天敵に知られたくないため、用心をしているのだ。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

モズ 子育て(続)

12mesmozu.jpg
巣から出てきた子育て中のメス。胸毛の乱れは卵やヒナ(赤子)を抱いている証(4月8日)。

特に雨の日や寒い日は、メスはまだ十分毛が生えていないヒナを守るためにほとんど巣にこもりきりである。ストレスもたまろう。外に出て、思いっきり羽根を伸ばし、飛びたくもあろう。

天気の良い暖かい日には、しばしば巣からでる。気分転換もあろう。糞をするためだったり、時には自分のエサをとるためだったりする。

メスが留守の時、エサを運んできたオスは、「チョイ、チョイ、キ・キ・キ・キ・キ」(オーイ、どこにいる)とメスをよぶ。「チェ・チェ」の時もある。

今日(4月13日)オスは、間隔が空くときとひっきりなしに巣にエサを運ぶときがある。後者の時は、何か大物を捕らえ、調理場(前々回紹介のコンポスターの隣のツツジ)の枝に挟み込み、ヒナの口に合うよう細かく料理して巣に運び込む。今日も頻繁に通う時、ツツジが大きく揺れていた。後で覗いて見たが、痕跡は跡形もない。たぶん、カエルかトカゲであろう。

4月15日 晴れて暖かい。メスは巣ごもりを終え、大方、外に出ている。ヒナに毛が生えて来たのであろう。
12momesu1.jpg
胸毛の乱れもなく、きれいなメスだ。

12momesu2.jpg
小さな虫を捕まえ、ヒナのために巣に運ぼうとするメス。

12moosu1.jpg
オスは、大きめの昆虫を巣に運ぶ(バッタのようにも見えるが?)。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

昼間に飛ぶフクロウ(コミミズク)

fukurou00.jpg

fukurou1.jpg
4月8日の夕方のこと、物部川の堤防から、樹林の間を低空飛行している見たこともない翼の大きな鳥を発見。タカの仲間のミサゴくらいの大きさ。トビよりは少し小さい。時々、飛翔途中で急降下。反転することもある。どうやら獲物を見つけて、捕まえているようだ。なかなか出てこない。

fukurou01.jpg

翌4月9日、再び訪ねる。午後4時過ぎ。今度は中洲の草藪を低空飛行。
中洲の流木にとまる鳥。ファインダーを覗いても何だかわからない。
帰ってパソコンで見て驚く、「アレ、フクロウだ」。
夜行性で、夜「ホー、ホー・・・」と寂しく少し不気味に鳴く声しか聞いたことがなかった私にとって、まだ日没まで3時間近くある昼間に飛翔して狩りをするとは驚きであった。素人の私は、昼間活動するフクロウのことは知らなかったので、ネットで調べてみる。どうやら、冬鳥のコミミズクのよう。結構、昼間も狩りをする鳥で、渡り鳥(冬の間日本にいる鳥)のようだ。 北帰行の前に一瞬、姿を見せてくれたのかもしれない。

fukurou1-1.jpg
正面の顔
真横の姿は、まさにフクロウ顔だ。 横顔は意外と愛嬌がある。
fukurou2.jpg

「モズの子育て」情報~ヒナ誕生 (前回掲載・続報)
4月11日 今日は朝からやや風雨が強い。そんな悪条件をものともせず、モズのオスは頻繁に巣に通っている。その都度、巣からはメスの「キューキュー」という甘えた鳴き声。3,4日くらい前からオスが巣に通う姿が目立ちだしていた。たぶん、卵が順次(4、5個)かえって、赤子状態。巣の中ではメスが赤子を暖め、雨に濡れないよう翼の傘で守りながら、オスがエサを運んでくるのを待つ。
 オスもヒナが一斉に口を開けてエサを食べ、待つ姿をみれば、必死でがんばろうと、気持ちが高まるのだろう。
 幸い暖かいので、エサも豊富とみえて、早い時は2分、平均4,5分間隔で巣に運び、その都度メスの鳴き声が聞こえる。ヒナの声はまだ、弱々しいとみえて聞き取れない。ちなみに、10時30分~11時30分の1時間に巣に入った回数は確認できたものだけでも13回(4.6分に1回)に上った。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。