スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イワツバメの巣づくり

16415iwatubame0.jpg
 物部川の大橋の一つに、イワツバメの集団営巣地がある。イワツバメの特徴は、腰の部分が白いこと、営巣を含めて集団で行動することである。もともと、山の岩場で営巣するツバメであることからタカなどの天敵に備えてのことだろう。
 イワツバメは、物部川及び用水路等で真冬でも羽化する水生昆虫をエサに、橋下の古巣をねぐらにして越冬している。今は、繁殖期に入り、古巣の補修と新規の巣作りに忙しい。

16415iwatubame1.jpg
水溜りの側に降りて、巣材のドロを採るところだ。 単独で行うことなく、みんなで降りる。天敵が来ても誰かが気が付くからだ。

16415iwatubame2-1.jpg

 ドロを口いっぱい咥えて、巣に向かう。

16415iwatubame3.jpg

下の巣は、新たに作っているもので、ドロを積み重ねて巣の外壁を作るが、濡れている部分がその日のものだ。
16415iwatubame4.jpg

外壁を作り終えたつがいは、内装(産座)用の枯れ草の採取。
16415iwatubame6.jpg

巣の中に持ち込んで、ベッドづくりに勤しむ。出入り口も狭めて、ほぼ完成に近く、これから産卵して、子育てが始まる。
16415iwatubame7.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。