スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モズの巣

モズの巣
4月2日 モズの夫婦がともに、エサ探しに出たのを確認して、久しぶりに巣を覗いてみた。巣の中には、毛が生え、成長途中の3羽のヒナ。1週間ほど前に覗いた時は5羽のヒナがいたから、2羽が死んだことになる。ヒナが生まれてからしばらく、寒の戻りがあったため、エサが十分でなく弱いものが餓死したのであろう。
そういえば、3日前のこと、巣から外に向かうモズがくわえていた「垂れ下がった異物」があったが、これは赤子の亡骸だったかもしれない。時々、ヒナの糞もくわえて出るので、何匹か育っていることは確認できていた。
 巣は、見ての通り、外側にはビニールがかなり使われており、右上の枝には巧みに絡ませている。巣の中央にヒナの頭が見えるが、後の2匹は警戒してうずくまっている。
 
 昨日は雨だったが、モズの夫婦はしきりに鳴き交わして、巣にエサを運んでいた。キキキ・・・と鳴き交わす時は、決まって、去年営巣したキンモクセイの木の付近にいて、そこから約10m離れた巣に夫婦が交互にエサを運び入れている。このことは、どうやら大物を仕留めた時、ヒナにたべさせるため細かく調理する必要があり、用心深いモズは、巣からかなり離れたところで調理を行っているのであろう。前回のトカゲの時もそうだった。昨日は多分、大物としてはカエルと推測される。暖かい雨に誘われ、家の庭や、周辺でもたくさん鳴いていたからである。
 確認のため、調理場の下を探ってみたら、なんと小鳥(スズメかメジロ)の羽根が散乱していた。さすが、生態系の上位の鳥だけある、と感心。それでも用心深いのはさらに、上位がいるからである。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。