スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥物部の紅葉とシカによる食害

13okumonobe0.jpg
 奥物部には高知県の最高峰である三嶺(1893m)の美しい山がある。10月下旬に山頂・稜線部から始まった紅葉は11月上旬の今は、中腹部まで錦のパノラマが広がっている。厳しい冬に備え、広葉樹が葉を落とす寸前に山が燃えるのだ。 上の写真は、白髪避難小屋から見た三嶺。手前の黄葉した樹林はダケカンバ。その手前のもこもことした草はイ草。本来はササ原が広がっていたが、シカ食害によってササは枯れ、代わってシカに強い植物に覆われるようになった。
  
下の写真は、平和丸。シカ食害がもろに出ているところだ。
13okumonobe01.jpg
樹木は、樹皮を食べられて枯れ、ササもシカに強い植物に代わった。それでも、一時、裸地になっていたことからみると何らかの植物が出るのは良いこと。稜線部は日当たりが良く、植物の生育に恵まれているので、なんとか裸地になることを免れている。

山腹の樹林。今、紅葉の盛りで美しい。
13okumonobe1.jpg
だが、シカは昼間のほとんどは樹林内にいて、ササや草、樹皮を食べる(夕方から夜稜線部ササ原に出てくる)。樹林内は、日当たりが悪いため、ササ(スズタケ)が枯れても、それに代わる植物はほとんど出なく、林床は砂漠状態になる。

13okumonobe3.jpg
林床が砂漠状態になった急傾斜地では、大雨がふれば簡単に崩れる。このような箇所が増える一方だ。

13okumonobe4.jpg
この紅葉は、林道の上。中腹の下。日に日に、紅葉は山の下へと降りていく。

13okumonobe5.jpg
ここは、「アイノウの釜」隠れた紅葉の名所。まだ、錦に染まっていないが、程なく染まる。
別府峡茶屋からは、車で15分くらいのぼった所だ。別府峡茶屋周辺もまもなく紅葉。中旬には見頃になる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。