スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チドリとツクシガモ 物部川にて

14ikaruti1.jpg
物部川の河原や草地で見かけたチドリとしては、コチドリ、オオチドリ(旅鳥)、そしてイカルチドリである。そのうち、イカルチドリは何カ所かで営巣しており、年中見かける。キューイ、キューイ、と鳴きながら川面を軽快に飛ぶ。たいてい3羽か4羽。どうやらファミリー単位で行動するようだ。
下の写真のような小石の河川敷に巣をつくり、子育てをする。4、5個の卵を産むのだが、天敵が多い場所での子育てのため1,2羽しか成鳥にならないようだ。

14ikaruti1-0.jpg
シロチドリやコチドリによく似ているが、頭頂部に黒いかざりがあるのが特徴だ。

14ikaruti0.jpg

河原の鳥だけあって、保護色の衣を身にまとい周りの景色にすっかり溶け込んでおり、じっとしていると見つけられない。
上の写真で羽根をあげているのは、去年生まれの若鳥(頭頂部に黒い模様がない)。その後ろの親鳥は石の間にいるエサを探している。

14ikaruti2.jpg
2月は繁殖に備える時期のため、子別れし、春には新たな子育てが始まる。
彼らの生息環境は悪化の一途。人間本意の河川・河原改変と利用(車の乗り入れや猟犬の訓練)のため営巣地がさらに危険にさらされている。 コアジサシが営巣しなくなったのも、危険な河原になったからだ。

ところで、河原で写真を撮っているとき、時々つがいの白いカモのような鳥を目撃。何だろう?
コチドリがいる河原の対岸で1羽がエサを探しているのを偶然見つける。写真を撮って調べるとツクシガモ。湿地の鳥。

14ikarutitukusi3.jpg

もう1羽はどうしたのだろうか? 時々対岸の残された樹林にハンターを見かける。撃たれたのだろうか??
14ikarutitukusi4.jpg
パートナーを失ったツクシガモを、この日以降見かけることはなくなった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。