スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コアジサシ 営巣2

15714koaji0.jpg
物部川の中洲で営巣中の希少種のコアジサシ。 エサをゲットして、ヒナのもとに向かう。
下の写真で、頭の黒いのが親鳥(3羽)、前方にいるグレイ混じりの薄茶いろのものが幼鳥。
6月下旬生まれでまだ飛べない。(抱卵から飛べるまでには45日かかる)
15714koaji1.jpg
高温(50℃)になる河原故、幼鳥も親鳥も涼しい水辺に集まる。 それにしては、幼鳥の姿が少ない。水辺では3、4羽くらいしか確認できなかった。 7月初旬の出水で水辺から3分の1くらい浸水した際に失われたのかもしれない。
下の写真は、水浴びをする親鳥たちだ。清潔にするためと体を冷やすためだ。
15714koaji2.jpg

群れ飛ぶコアジサシたち。前から3番目の鳥と、後ろから2番目、3番目の鳥は小魚を咥えている。
このような行動はディスプレイ(求愛行動)の時によく見られる。 7月1日の増水の際にヒナを失った親鳥が、2度目の繁殖にかかろうとしているのかも知れない?
15714koaji3.jpg

下の鳥は、コアジサシより一回り大きいクロハラアジサシ。旅の途中で物部川に寄り、豊富な小魚で栄養補給をしているのだ。
5月から7月初旬まで見られた。
15701kuro2.jpg

7月1日の出水時でも巧みにエサ捕りをしていた。しばらく滞在して旅立った。
15701kuro1.jpg
ところで、2日後(7月16,17日)には、大型台風が接近し、大荒れ・大出水が予想されている。せっかくのコアジサシの営巣も、飛べないヒナは犠牲にならざるをえない。温暖化によって自然が狂暴化する中で、とても残念なことだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。