スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コアジサシの営巣~ヒナ誕生へ

16618ko-4.jpg
 コアジサシは、熱帯国で越冬し、4月下旬に日本にわたって、繁殖活動を行う夏鳥。繁殖環境が悪化の一途をたどってきたため、絶滅危惧種に指定されている。 物部川では、河口の砂洲と中洲で営巣をしているが、営巣環境はやはり悪化している。中州の比較的安全な高い場所は雑草や灌木が茂り、洪水の際に漬かりやすい周辺部で営巣せざるをえない状況にある。
 抱卵はオスとメスが交互に行う。
上の写真は抱卵中、下の写真は交代したところだ。
16618ko-3.jpg

つがいになる前には、「求愛給餌」を行い、オスが小魚をメスにプレゼント。何度か受け取れば、やがて結婚へ。
16618ko-7.jpg

恋愛中なのか? 鳴きかわしながらじゃれる。
16618ko-9.jpg

結婚して、20日くらいでヒナが誕生する。パートナーがヒナのためにエサを咥えてきたところだ。
2016622koajihina0.jpg

右側の親鳥の胸の辺りに1羽のヒナが見える。
2016622koajihina1.jpg

親鳥のくちばしの下にヒナ、愛おしそう。
2016622koajihina2.jpg
天敵や洪水等、厳しい環境での子育てだけに、無事育つ比率は低いといわれる。
集団で営巣するのも協力し合って、困難に立ち向かうためだ。
人の営みが営巣環境を悪化させてきた歴史があるだけに、環境改善に向けて何とかしてあげねば・・・。
ここは、彼らのふるさとでもあるからだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。