スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カモシカ -物部川源流にて

kamo1.jpg
5月15日 物部川はアユ釣り解禁日。だが、毎日のように観察している橋の上から覗いても、例年いるアユの群れや縄張りアユがわずかしか見られず。アユの写真は後日にします。
昨日、物部川源流の白髪山からの帰りにカモシカに出会ったので、その写真を掲載する。道路端に、ぬいぐるみのようにかわいらしい。去年生まれの1歳児か。車を止めても逃げずにじっとこちらを見ている。さすが「天然記念物」。捕獲されることはないので、人間をあまり恐れない。
でも、この子は先行きが心配される危うさを持っている。
続きを見てください。
kamo2.jpg
近づくと、やおら立ち上がって、ゆっくりと動き出す。口にくわえたのはイタドリの葉。日当たりの良い道路端にはエサとなる植物が多く出る。林内はほとんどエサがなくなっているためイタドリなどの新芽やササの葉を食べに出てきていたのだ。シカも同じでとくに夕方出てくることが多い。

このカモシカは後ろ足が少し変。あきらかに痛めている。下の写真でも分かるように顔はあどけなく可愛らしいが、足腰が寸づまり。秋の猟期が始まるまでに直って、たくましいカモシカに育たないと、猟犬にやられる。がんばれよ。
なお、最後の大人のカモシカの写真と比較すれば、その差は歴然としている。
kamo3.jpg

下の写真は以前に物部川上流の人工林で撮った大人のカモシカである。顔つきと足腰もたくましく、逃げ足も速そう。

kamootona.jpg

なお、カモシカは増えていると、猟師や村の人びとは言う。道路端に出てきたりするので、よく目にするようになった。だが、専門家によると、むしろ減っていて、元々の住処である奥山に大挙してシカが進出してきたため、追いやられるようになったカモシカは次第に、エサを求めて下界にも求めるようになって分布が拡散している、とのこと。シカの増加と反比例して、絶対数はむしろ減少傾向をたどっているそうだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カモシカは久しぶりですね。

こんばんは。
カモシカとは、久しぶりの対面なんじゃないですか??
子供のカモシカかわいいですね。
私も見たかったです。
プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。