スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モズ 二度目の巣立ち

mozu6.jpg

6月9日 昨日からモズの親たちが騒々しい。頻繁に警戒音を発している。ヒナの巣立ちだ。巣立ったばかりのヒナはとても不安そう。ほとんど飛べない状態で巣を出るので、ネコやカラスなどに襲われる最も危険な時期。親も心配で気が気でない。
4月6日に1回目の巣立ち(3月、4月の過去の記録参照)があって、今回は二度目の子育て。営巣木は隣の家のキンモクセイ。我が家の庭はエサ取り場、頻繁にやってきてはカイズカイブキの木の枝に止まって、頻繁にエサを運ぶ。
 モズのヒナは飛ぶ力が弱いまま巣を出るので、ほんとに危うい。親が別のところで鳴くので、もしやと思って、隣の家と我が家の間の狭い水路を見に行った。案の定2羽のヒナが水路にうずくまっている。ブロック塀と金網のヘンスに阻まれて脱出出来ないでいる。このままだと、間違いなく夜中か明け方にネコかカラスにやられる。一羽ずつ捕まえて庭の木の茂みに放つ。その度にヒナが叫ぶので親が飛んできて、私をにらみつけ、威嚇する。違うんよ、助けてあげているんよ、と言っても通じない。


「続きを読む」に、驚きのエサ襲われたヒナを掲載しよう。
tokage0.jpg
オスがくわえているのはトカゲ、これは庭にたくさんいるポピュラーなエサ。その他、普通の昆虫類やミミズなどを多く巣に運ぶ。オスが見ている 6,7m先の方向のサザンカの木に巣がある。

mozue_0101.jpg
これは、なんと他の鳥のヒナ。隣の家は鳥たちのアパート。スズメとムクドリが子育て中。そのうち、巣から落ちたヒナをモズが見つけて捕らえてきたのであろう。大きさから見てたぶんムクドリのヒナ。いわゆるモズの「はやにえ」と同じやりかたで枝に上手にさしている。

sudachi
さしたエサを小分けして、巣のヒナに運ぶ。1時間もしないうちになくなっていた。
小さな世界だが、弱肉強食の厳しい自然界を見る。猛禽類のような行動をするモズだが、ヒナの時代は弱者。巣立ったヒナの半分も大人になれるだろうか? しばらく、親の苦労が続く。

早くも襲われたヒナ
 6月11日 夜明けとともに庭で3羽のヒナが鳴く。ここまでは4月と同じ。ところが、10時頃裏の畑で親たちが異常にネコを威嚇して、2,3mの距離にまで接近。去年巣が襲われた時と同じようなことをしている(過去記事の「モズの悲劇」参照)。これはもしやとおもっていたら、しばらくして、庭のヘンスの上にネコがいる。モズの親はパニックになって激しく威嚇する。執拗な抵抗もネコには通じない。仕方なく、私が庭に出てネコを追い払う。ネコは退散。
 それから1時間後、庭から聞こえてきたのヒナの悲鳴と親の激しい威嚇音。その瞬間、あっ、ネコにやられたと察知。子を奪われたモズの親は、狂ったように激しく鳴きながらネコを追って行く。だが、それはむなしい抵抗。
 夕方、残ったヒナは1羽のみ。元気に枝から枝へと動き回っている。木の高いところにも居たりする。このヒナはもう大丈夫。飛ぶ力のない、弱いヒナがやられたのだ。自然界の厳しさを垣間見る。この時期のモズの親が執拗にまで警戒音を発するのも納得。とくに、オスは神経質。敵から守ろうとする行動は当然だが、去年、今年の観察では、ヒナが成長する最後まで面倒を見るのもオスのように見受けられた。
 そして、去年も今年も2度ずつ子育てをするのは、それでやっと大人になれるのが1~2羽という厳しい生物界を生き抜くための行為なのだろうか。

6月13日 訂正
 ネコに襲われたのは1羽だけでした。元気な2羽のヒナが枝から枝へと移動するのを目撃。まずは一安心。それから今回エサをあげに来るのはもっぱらメス。オスは電線に止まって、監視役。「敵」と思っているモノが近づけばけたたましい鳴き声。今はエサは豊富で、頻繁にヒナに与える。
もう一つの訂正~どうやら、巣立ったのは5羽のようだ。私の家から北の方向約70mの N宅の庭にも2羽程度のヒナがいる様子。エサの豊富な時期だから赤子も無事育ち、より元気なヒナが N宅に居着いている。そちらはオスが守り、我が家はメスが守りながらエサを与えている。何かあれば夫婦が連携をとって必死に守っている。とくに、ネコが庭に来ると、メスの異常な警戒音に気づき、オスも飛んできて2羽で威嚇する。今日も2度ネコが来た。さすがに、このところヒナも元気に逃げられるので、やられる危険はほとんどない。それでも親は執拗に警戒する。恐怖心の裏返しであろう。

迷子のカラスのヒナ ところで今はいろんな鳥の巣立ちの時期。一昨日の夕方、塀際に行くと突然ギャー、ギャーとすさまじい声。なんだろうと覗くと隣の家(小鳥のアパート)の塀際になんとカラスのヒナがうずくまっている。翌朝親カラスが探しに来て、ガーガーと大声で呼ぶ。行き会えたかどうか分からない。(6月16日)
karasu.jpg

里帰りのモズ・そして旅立ち 6月27日
brother.jpg  

モズの兄弟は尻尾も延びてずいぶん成長してきた。梅雨の中、雨にまけないよう、しきりに毛繕いをする。だが、まだエサは親(メス)におねだりしてもらっている。
26日にやってきて庭で1泊、27日に旅だった。まるで、お別れの顔見せのように。そういえば、6月9日の巣立ちの日に水路に落ちた2羽のヒナを助けた。その時のお礼にあいさつに来たのだ、と勝手に解釈しておこう。
この後、近所にも見えなくなって、どうやら山かどっかに旅だったようだ。また、秋に戻っておいで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。