スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アユとボウズハゼ  エサ場争い

ayubo2.jpg
中央で少し浮かんで泳いでいるのがアユ。石に付いて縞模様の川魚がボウズハゼ。手前と後方で泳いでいるのはハヤ。アユとボウズハゼの主食は石に付いたコケ。エサ場をめぐって時には争いになることもある。
 物部川で問題なのは、毎秒1~2トンしか水が流れない渇水期には、エサ場はわずかなものとなり、ボウズハゼが大挙してやってくるとアユはエサ不足に陥ることだ。渇水時の物部川のアユたちは、前回書いた、熱中症とエサ不足という二重苦に苦しめられる。水が無いことの問題、そして大石からなる川底が減り、砂利の多い川底が増えた今日、川のコケを生産する力も落ちている。三重苦に苦しむアユ。すべて人間の仕業(コンクリートで固められたダムと治水中心の護岸工事、産業中心の水利用)、その結果犠牲を強いられる川の生き物たち。
 もっと、生き物の視点から川を治める方法はあるはず。昔の利水と治水工法は川魚に優しく、それほど犠牲を強いることはなかった。大石・川石を使った自然工法だったからだ。

続き」に、アユとボウズハゼ、そしてボウズハゼのどん欲さを掲載
ayubo1.jpg
頭が隠れているのがボウズハゼ。強力なライバル出現にアユは背びれを立てて、興奮気味。でもアユは追っ払うことはせず、逆にボウズハゼが攻撃を仕掛ける。友釣りのおとりアユにボウズハゼが釣れてくることも多い。

bouzu.jpg
ボウズハゼは、胸びれの辺りの胸に強力な吸盤を持ち、荒瀬でもながされることなく、大口を開けてコケをこそぎとる。
下の写真は、ボウズハゼの群れがやってきて、石の隅々まで潜り込んでコケを食べ尽くす。こうなるとアユの出る幕がない。
bouzu1.jpg
なお、ボウズハゼのしましま模様は保護色。鳥たちに少しでも見えにくくするための工夫。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。