スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賢いモズ

mokii2.jpg
このところキーちゃんは、夜明けとともに鳴きはじめ、1時間ほど断続的に鳴き声が聞こえる。どうやら、オスが来ているらしい。  寒い日が続くこの頃、夜明け時は気温2,3度。虫も捕るのは難しい。

私がキーちゃんと呼ぶと飛んでくるが、昨日はとくに反応した(写真参照)。多分、お腹がすいていたのであろう。キュキュキュ・・・、と甘えた声で鳴きながら、エサを催促する。これは、実はオスが来たときとまったく、同じ反応だ。 オスは昼間もやって来たが、エサ取りは下手。この話は次回にしよう。 今回は、野鳥と人がどこまで接近できるのか、私を見て「人間は怖い」と感じ、すぐに逃げ出すオス。正反対に、接近し、学習し、さらに学習を重ねるキーちゃん。ほんとに賢いモズだ。

続きに、私にさらに気を許すキーちゃんの写真。
mokii1.jpg

上・下、2枚の写真は、家のすぐ北側、高さ5m程度の光ケーブルの補助線。そこにとまって、キーちゃん、キーちゃんと呼ぶ私の声に応えて、キュルキュルキュル・・・と鳴きながら、羽根も大きく震わせる。オスからエサをもらう時と、ヒナが親鳥からエサをもらう時の仕草と全く同じだ。

moki0.jpg

moki5.jpg

この2枚の写真は、庭に移動し、エサ場(コンポスター)の側のサザンカの枝にとまったところ。私との距離は3m、キーちゃんと呼ぶと、同じように羽根を震わせ応えてくれる。が、さすがにこの近さでカメラを向けると、キーちゃんもビビってしまい、尻込みの姿勢に。この後、エサをあげるが、コンポスターから虫を取り出す作業をしていると、待ちきれないようにさらに接近。羽音が聞こえたり、ほとんど1mの近さの枝にとまったりしている。
 エサを5,6匹あげて、私が2,3m下がると食べ始める。 2,3m。これが、現在の私とキーちゃんとの距離だ。

さらに、驚いたことに、エサを食べ終えた後、すぐ側の枝にとまって、再び羽根を震わせ、キーキーキー、キュキュキュと、もっとエサが欲しいと催促する。よほどお腹がすいてたんだねー、と、もう5,6匹出してあげる。ようやく落ち着く。

moki6.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。