スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モズ 巣立ちの危険

hina00.jpg

4月24日は、山に行っていたため、帰ったのは夕方。今年、初めて聞くオスのけたたましい警戒声「ティキティキティキ・・・・」。やっとオスの役割を果たしだしたのかな、と思ったのだが、実は、私がいない間に巣立ちのヒナがピンチに陥っていた。({続き}の最後を見てください)
25日の午前中。来客中にモズが慌ただしく、庭を行き来する。それもけたたましい鳴き声を発しながら、あー巣立ちだと、すぐに分かる。午後、巣立ちのヒナを撮影。川虫パワーでとても元気。いつもそうだが、巣立ちの日は親は気が気でない。ヒナはそれぞれ勝手に違う方向に飛び立つからだ。そこには危険がいっぱいだ。ネコ、カラス、ヘビなどの天敵。そして水路などへの不時着。

続きにヒナの写真掲載。
hina3.jpg
巣のあったキンモクセイの隣のヤマモモの枝に出てきたヒナ。羽根は短く、尻尾も伸びていない。頭と顔はモズらしいが・・・。

hina.jpg
辺りを見回し、やがて、「キキキキキ・・」と親を呼ぶ。親は、エサを運んでくるが、思い思いに巣立つヒナを探し出すのも一苦労。

hina1.jpg

下の写真は、西隣のお宅に不時着したヒナ。家の塀と隣の物置の間で身動きが取れなくなっていた。よくある巣立ちのアクシデント。実はキーちゃんが近くの電線にいて、盛んにキューキューキューとヒナに呼びかけ、その後ヘンスにとまった。もしやと思ってヘンスの向こうを見るとヒナが身動き出来ない状態。早速、網ですくって救出。庭に放つ。
hina0.jpg
多分、前日の夕方も同じ事が起きていたと思う。さらに南西隣のお宅だが、オスがヘンスに乗って下を見ながら警戒音を発していた。私は、ネコだろうと思ってさほど気にとめなかった。あれは、ヒナがそこに落ちて親が心配してのことだったのだと、思う。救出してやるべきだったと後悔。 実は昨年も、巣立ちの日に2羽のヒナが南側の水路に落ちて、両側にある高いヘンスのため身動き出来ず、うずくまっていたところを救出した。どうやら今年は最初に巣を出たヒナはネコの犠牲になったものと思われる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よりみつ

Author:よりみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。